2006年2月アーカイブ

 ふと思い立って、FaxをMacで受信したくなりました。Faxが来ても保存しておくほどのものはほとんどないし、紙がゴミになるのが無駄ですよね。Macで受けておけば、画面で確認して、必要なものはプリント、そうでないものは削除すればいいから合理的です。
 幸い、前にオークションで手に入れたPowerMac7300/166(今はSonnetのPCIカードでG3になっています。OSは9.1)があるので、その時に手に入れたFaxモデムをセットしました。
 ただ、電話優先になっているので、電話に出てからFaxだと分かったときは電話に付いているFaxで受信してしまうんです。モデムの方から手動受信を選ぶことはできるんだけど、電話と離れているのでめんどくさい。なんとか電話の方でモデムに信号を送り返す方法はないものかなー?
 しばらく考えてみます。

 私は記帳や出荷管理、計画をExcelを使ってやっています。
 まだ、OSが7.1(当時は漢字Talk7と言っていた)のころの時代(1990年頃)のバージョン4の時に参考書と首っ引きで組んだマクロを、今(バージョン2004)でも使用しています。これが今でもほとんど動くのですが、唯一、テキストボックスとダイアログを使って日付と出荷伝票を入力するフォームが上手く作動してくれないんです。
 やっぱり、15年も昔のマクロをそのまま動かすのは無理があるのかなーと思い、新たにマクロを組み直す決意に至ったわけであります。
 そこで、Amazonで評判の参考書をゲットしました。その名も「かんたんプログラミング Excel VBA」 基礎編、コントロール・関数編、応用編の3部作です。Macでも使えるのかはちょっと?でずが、Excelも互換性はだいぶ高まっているので、期待しています。

かんたんプログラミング Excel VBA

excelvba.jpg

 我がiBookのバッテリーがほとんど役立たずで、10分くらいしかもちません。
 そこで、バッテリーリフレッシュサービスを利用することにしました。
 送料込みで14,040円。新品を買うより1,500円ほど安いし、容量も1.3倍アップとのこと。環境にも優しいから一挙両得ならぬ三得?です。
 到着まで2~3週間ほどかかるらしいので、しばらくはアダプター生活です。

ベイサン バッテリー・リフレッシュサービス

battery.jpg

1

カレンダー

2006年2月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

このアーカイブについて

このページには、2006年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2006年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261