北帰行

springswan.jpg 例年に比べ雪解けが遅れていましたが、やっと春の使者の訪れです。
 すぐ近く(美唄市)には国内で13番目のラムサール条約登録湿地である宮島沼があります。ここは例年、ハクチョウやマガンなど水鳥の渡りの寄留地となっており、雪解け後の田んぼに落ちもみをついばみに来ます。
 月形はこのあたりで雪解けが一番遅いため、鳥たちにとっては最後の餌場となっています。ここでお腹を十分に満たした後、オホーツク海を越えカムチャッカ半島やシベリアへと旅立ちます。
 そして秋には新しい家族を伴い、今度は南下のための寄留地になります。
 われわれは暖かくなってホッとしているのに、彼らにとっては避暑地への旅立ちだなんて、よっぽど暑がりなんですね。まあ、年中ダウンジャケットを着ているんだから当たり前か・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.macdenogyo.net/mt/mt-tb.cgi/31

コメントする

カレンダー

<   2006年4月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、うなさくが2006年4月23日 18:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メコノプシス(ヒマラヤの青いケシ)に関する初の和本の登場。」です。

次のブログ記事は「カレンダー作成ソフト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261