知的生産の技術

070110.jpg

 昨日から吹雪が続き吹きだまりができていたので、今年初めての除雪を行った。現在もまだ吹雪いている。積雪は70cmに。
 除雪の後、明日の出荷を前にラナンキュラスの花切りと撰花を行った。昼に市場へ出荷事前情報をメールで送った。
 今日はこの後月形花き生産組合の役員会と新年会。


 昨日、月形町図書館へ行った。小さいながらもかゆいところに手の届く図書館で、結構掘り出し物が見つかったりする。
 他のブログで取り上げられていて、いつか読んでみたいと思っていた梅棹忠夫著「知的生産の技術」があるのを見つけ、早速借りた。
 この本は1969年7月発行ということで40年ほど前に書かれたものであるが、その内容に驚かされた。

「はじめに」の中で、

「今日は情報の時代である。社会としても、この情報の洪水にどう対処するかということについて、さまざまな対策が考えられつつある。個人としても、どのようなことが必要なのか、時代とともに繰り返して検討してみることが必要であろう。・・・(中略)・・・ 今日では、情報の検索、処理、生産、展開についての技術が、個人の基礎的素養として、たいせつなものになりつつあるのではないか。」
とある。

 これはまさに現代のこととしてもピッタリ当てはまるではないか。時代が必要とする素養は40年間変わっていない。変わったのは道具だけということなのか・・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.macdenogyo.net/mt/mt-tb.cgi/82

コメントする

カレンダー

<   2007年1月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、うなさくが2007年1月10日 14:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「冬と春」です。

次のブログ記事は「知的生産の技術2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261