輪菊(岩の白扇)圃場視察

 今日は柳田常務を初めとする札幌花き園芸のお二方と金山組合長、農協職員で菊の圃場視察を実施した。
 お盆を前にしての恒例行事で、今年の作柄と出荷目安、他産地の状況を把握していく。

 菊農家は今年1軒減ってとうとう3軒になってしまった。多い時は30軒近くいたという話しだから、隔世の感がある。

 地元で販売できる数少ない商材なだけに、コストアップで苦しい現代では貴重な品目だ。
 ただし、今までは苗作りを自前で行っていたが、暖房費やその他の経費を考えると、苗の購入も検討していかねばならなくなってきた。

 今後は、本州の産地も、暖房費の掛からない物日としてお盆はねらって来るであろうから、厳しい選択を迫られるかも知れない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.macdenogyo.net/mt/mt-tb.cgi/406

コメントする

カレンダー

<   2008年7月   >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログ記事について

このページは、うなさくが2008年7月30日 22:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブルーレースフラワー定植」です。

次のブログ記事は「お盆出荷終了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261