2012年2月アーカイブ

2012022501.jpg

 記録的な豪雪に見舞われている北海道道央地帯です。月形は2月16日現在で累積積雪量が1,228cmと過去最高に肩を並べました。積雪は一時260cmまで行きましたが、現在は若干落ち着き220cmほどになっています。
 只、ハウス被害が深刻で、越冬ハウスのみならずビニルをはがした雨除けハウスが雪の下に完全に隠れてしまい、雪の重みで倒壊している状態です。
 一旦除雪したハウスの雪も相次ぐ吹雪で元通りになるばかりか、さらに上積みされた格好になっています。
 掘り上げるにしてもすべてを回りきるのは不可能なため、取りあえず融雪剤の散布を行いました。例年はハウスの合間の通路からハウス内に融雪剤を飛ばすように撒きますが、今年は全面雪原状態のため、皮肉なことに作業はとてもスムーズに進みました。
 今後、融雪が進むにつれてその被害の状況が明らかになってきますが、雪解けの遅れによる作業遅延のみならずハウスの修理、片付け、建設による新たな作業負担による出荷計画変更等が予想されます。
先週から今週に掛けて頻繁に天気が荒れている。

先週の8日の水曜日は朝突然の強風と大雪で学校は臨時休校。
翌日は風は治まったものの大雪と前日の吹き溜まりで除雪は大忙し。
そして12日の日曜日は朝から暴風で翌日の学校は早々と臨時休校決定。
そして今日15日も朝から強風だが、連絡がなかったため息子が登校した直後に臨時休校の連絡が入る。すぐに追いかけて連れ戻す。

つまり、2月8日〜15日までの間に3日間臨時休校になったことに。
今日もまだ強風が吹いています。
日曜の時点で一時は240cmを超えた積雪でしたが、昨日の暖気でだいぶ締まり今は214cmになっています。

今年の冬はいつもの年より長く感じます。
 挑戦と言うほどのことではありませんが、今年(H23年度分)の確定申告からeTaxをやってみようと思います。eTaxが始まった当初はWindows環境でしか申告できませんでしたが、ここ何年かでようやくMac環境下でも申告できるようになりました。
 eTaxを行うことで4,000円の税額控除が受けられます(ちなみに次年度(H24年度)分の申告分は3,000円です)。しかしeTaxの控除が受けられるのは最初の一回のみで次年度以降はゼロです。それに、初年度は電子証明書の取得とICカードリーダライタを購入する必要があります。電子証明書は役場で住民基本台帳カード(住基カード)の申請をして3〜4日後、出来上がったカードに電子証明を格納してもらいます。電子証明を格納してもらう際に暗証番号の登録が必要になります。これは電子証明書を登録する際に必要になりますから忘れないようにします。住基カード発行に500円、電子証明格納に500円、合計1,000円かかりました。住基カードの有効期限は10年ですが、電子証明の有効期限は3年なので3年後にはまた500円か必要になります。
jukicard.jpg

 カードリーダライタも接触型、非接触型、共用型と種類がありますが、月形はカードに端子が付いている(コンビ型ICカード)タイプなのでどのカードリーダライタでも使えるようです。ものによってはMacに使えないこともあるようなので、Macでも使えることをネットで確認してNTT-MEのSCR3310という接触型の機種を2,258円で購入しました。合計3,258円ですから、控除と合わせればマイナスにはなりませんが、金額的なメリットはゼロと考えたほうが良さそうです。
etaxreaderwriter.jpg

 eTaxを行うためには事前に準備が必要です。
 国税庁のサイトによれば
 ・利用環境の確認
 ・電子証明書の取得
 ・電子証明書の登録・再登録
 ・ICカードリーダライタの購入
 ・ICカードリーダライタのドライバのインストール
 ・ルート証明書のインストール
 ・公的個人認証サービス利用者クライアントソフトのインストール
が必要とあります。
 実際にはこの順番ではなく

 1.利用環境の確認
 2.電子証明書の取得
 3.ICカードリーダライタの購入
 4.ICカードリーダライタのドライバのインストール
 5.ルート証明書のインストール
 6.公的個人認証サービス利用者クライアントソフトのインストール
 7.電子証明書の登録・再登録
の順番になります。

 利用推奨環境にはOSX10.7(Lion)は含まれておらず、10.5および10.6だけ。やむなくTimeMachineに入っていたOSX10.6(Snow Leopard)のバックアップを外付けHDDにインストールして使用することにしました。そこにカードリーダライタのドライバをインストールし、次にルート証明書および公的個人認証サービスの利用者クライアントソフトをダウンロード&インストールしました。
 これですべての事前準備が整ったので申告前に電子証明書の登録だけでもやっておこうと確定申告書作成コーナーにアクセスしました。画面に従って準備が整っていることのチェックをしていき、個人情報を入力しいざ登録ボタンを押すとエラーが出て登録できません。何度やっても同じなのでエラーが出たときの案内に従い国税庁のサポートセンターに電話しました。

 サポートセンターで作業環境やエラーが出るまでの状況を説明し、サポートの人から案内されるチェックポイントを一ずつ潰していきました。そして解決できたのは、
「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「Java Preferences」の優先順序のところで、32-bitを上位に替えるというものでした。64-bitが上位になっていると使えないようです。
 ということで、申告の準備はこれで完了しました。あとは明日から始まる確定申告に望みだけです。

 このところ天気続きだったのでハウスの雪掘りをしていたのですが、昨日の作業終了時にトラクタの前輪のタイヤがホイールからはずれているのを発見!
 連日の降雪で下はまだ凍っておらず、柔い雪の上を無理によじってしまったのが原因か?
 結局タイヤは裂け、チューブも交換。部品取り寄せにより直るのは週明けの模様。弱り目に祟り目とはまさにこのことです。
 しかし、この冬はどんだけ金かかるんだ。
 週末、雪がひどくなさそうなのだけが救いです。
20120201.jpg
 本州の日本海側では大荒れの天気のようですが、北海道は南部を除きここ数日いい天気が続いています。この天気を利用して雪に埋もれたビニルハウスの掘り出しを始めました。

 この冬の降水量は1月20日の時点で昨年の一冬分をを超えてしまいました。大雪の年は気温はそれほど冷えないものですが、今年は最低気温も低くなり、今日は氷点下22.6度にまで下がりました。1月の全体の気象データを見てもかなり過酷な気象条件だったことがわかります。現在の積雪は191cm。
201201kisho.jpg
20120201-3.jpg


1

カレンダー

<   2012年2月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      

このアーカイブについて

このページには、2012年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年1月です。

次のアーカイブは2012年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261