2007年12月アーカイブ

071231.jpg

 ここへ来て雪は一休みといったところ。一時は80cmほどあった積雪も60cmまで減った。
 年末年始は大荒れの予報だったが、今のところは晴れないまでも安定した天気が続いている。
 
 今年は良い意味でも悪い意味でも経験した年であった。
 早い雪解け、妻の選挙、PR活動、菊の早期開花、最高気温更新、スキゾスティリス初出荷、燃料高騰、Mac関係ではiBookの故障、MacBook導入、デジカメ故障、個人的に初の内視鏡検査と盛りだくさんの一年であった。
 良いことは来年に繋げ、悪いことは経験として来年に活かす。土台作りのための一年であったと今は考えている。
 
 そして、今年はとくに多くの人と出会うことができた。
 閉塞感のある今の花の状況を打破するのは、やはり人の力しかない。関係者それぞれが一体となって行動できたら素晴らしい。

 来年の大晦日も今日のようにブログが書ければ幸せだ。
 

webdetect.jpg

 「Web素行調査
 自分の名前を入れてみれば、ネットでのあなたの素性が分かります。
 
 

071227.jpg

 本日の受け入れをもって、本年の月形花き生産組合の共同出荷が終了した。
 個人的にはラナンキュラスとスキゾスティリスを出荷。
 冬期間は輸送はあるものの個人対応の特別出荷になるため、共同出荷は4月までお休み。

 札幌の市場は29日(土曜日)が止め市。新年は1月3日(木曜日)が初セリ。

 年末の天気は大荒れの予報。
 どうなるか心配。
 

 

20071226.jpg

 今日は晴れたものの寒い一日だった。
 最低気温は-13.8度、最高気温は-5.5度とまるで真冬の気温だった。

 最近になって、晴れの日が続き、ようやくラナンキュラスが咲き出した。
 明日は今年最後の共同出荷日。何とか最後に間に合った。

 ホームページを作る人のネタ帳というサイトにこんな表現があった。

 私なりの考えを言えば、もし、私がウェブサイトってなんなのと企業から聞かれたらこう答えます。

『御社の365日働き続ける営業マンを作ります』と。

ようするにウェブサイトを作る事で名刺代わりにもなり、宣伝もし、販売も行うというもの。

 個人のサイトであれば、

 私がウェブサイト作成を愛してやまないのは、ウェブサイトが
『一人、及び多数の眠らない人間の形成』という分野のものだからです。

(中略)

人間が行うと時間がかかってしょうがないけど、プログラム化することでその利点が発生します。

数ある様々なウェブサイトが存在しますが、それら全ては、開発者の分身です。
開発者がまず、どんな行動をする人間を作るのかと考える事がスタートです。

ウェブサイトの本質は、今も昔も、人間の形成だと思います。

 私はWeb業界の人ではないから、サイトで食べていく必要はない。けれども自分の分身を生み出してしまった以上、サイトにエネルギーを与え続けることは当然の責任である。
 もちろんそれは団体のサイトでも同じことで、自分たちに変わって休み無く営業してくれる彼らに、たまには腹一杯ごちそうしてあげよう。

santa.gif

 年末になると忘年会が目白押しとなる。それはサラリーマンに限らず農家にとっても所属している団体や地域でそれぞれ開かれる。
 今日は地区の農家で組織する農事組合の忘年会を行った。この地域は農地としては一等地だが、近年離農する農家が相次ぎ、通い作として周辺の地域から通って作付けする土地が増えた。そのため、現在私の地区で農業を営農している農家は4名。10年前に比べて半減した。忘年会もOBを入れても寂しい限り。

 年代を越えた交流ができるのは農村の魅力であるが、ここまで農家が減ってくると地域としての農村維持が厳しくなってくる。
 いずれは農事組合の合併もしなければならないが、どこも状況は同じこと。結局は組織の上に新しい組織を作る階層になるだけで効率的になるわけではない。
 過疎の町のもつ悩みの一つだ。

 使っていたデジカメの液晶が割れて映らなくなってしまった。
 早速、修理センターに連絡し発送した。今は正式な見積待ちである。

 使っているRICOHのCaprioR5は、接写が1cmまで可能と花を撮影するにはうってつけであり、最新機のR7よりもズームマクロでは優れている。
 もともとが安く買えるだけあって、修理費となると新品を買うほど掛かったりする。部品代よりも人件費が多くを占めるためであろうが、何とももったいない話である。

 モデルチェンジは技術革新には望ましいのかも知れないが、あまりに頻繁に行うと既存品の陳腐化を速め、ものに対する愛着を奪ってしまうことにもなりかねない。
 こんなものまで使い捨ての時代になってしまっては、世も末である。

 10月末に行った町の健康診断で大腸の要検査の指示があり、本日内視鏡検査に行ってきた。

 前日から下剤を飲み、検査食として朝・昼食はおかゆと汁、夕食はポタージュのみをとった。

 今日は朝昼食抜き。朝6時から2時間掛けて2リットルの下剤を飲み、午後からの検査に備えた。
 前日からカロリー制限されているので、もう少し弱ってしまうかと思ったが、思いの外元気だった。

 病院に着き、浣腸した後準備が整ったところで検査開始。内視鏡を1mほど入れて、抜きながら観察していく。血管や臓器が透けて見えたりと、さながらインナースペースを見ているようであった。
 途中、ポリープがあったため検査のために切除したものの、結果は問題なしだった。

 ただ、その他にもポリープの卵らしきものがいくつか見つかったため、定期的な検査を進められた。
 内視鏡検査はもちろん、検査のためとはいえ手術も初めて経験した。
 これでやっとまともな食事にありつける。そう思うと、健康に留意しなくてはとあらためて感じた一日であった。

 昨日は札幌花き園芸に年末の挨拶に伺った。
 水曜日ということもあるが、例年に比べて荷物はかなり少なめの様子。クリスマス前とは思えないとの話であった。

 夏場の暑さ、暖房費高騰と今荷物の少ない理由はいろいろあるようだが、初めにつまずくと後々まで響いてしまう。

123

カレンダー

<   2007年12月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このアーカイブについて

このページには、2007年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年11月です。

次のアーカイブは2008年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261